イムラアートギャラリー [京都/東京]

HOME > 検索結果

タグ「acrylic」が付けられているもの

今冬、イムラアートギャラリーでは、4 年ぶりとなる画家・桃田有加里の個展「Static」を開催致します。
桃田有加里は、2008 年にトーキョーワンダーウォールで審査員長賞、2012 年には第三十回 上野の森術館大賞展にて優秀賞(ニッポン放送賞)を受賞しています。2008 年頃には人物表現を中心にしていた桃田ですが、2013 年頃より抽象的な風景での表現に変化しています。「最終的には何らかの形で人物像と風景を融合して作品にしたい」と語る桃田- 本展の作品《The remains》では、その探求を垣間見ることが出来ます。ぜひご高覧ください。

-----

かねてより、私は絵画の中に存在する"時間の静止" に興味をそそられていました。絵画はいにしえより時代の記憶や描き手のまなざしを保存するためのうつわとして存在し、私はそれらの作品と対峙していると、時間が凝縮して投影されているように感じるからです。

キャンバスの中の"時間の静止" を絵として視覚化したいと考えたとき、動的なモチーフをキャンバスという静止した画面の中に描くという対照的な存在の交差によって、画面の中の"時間の静止" を際立たせることを試みました。私の作品の中では、流動的な絵具や記憶は動的なイメージであり、キャンバス自体は静的なモチーフとしてそこに表現しています。なぜ私が記憶を動的な存在として捉えているかというと、記憶は、時間の流れと共に、現実と先入観の断片が合流して重なり合いながら作り上げられる人工的な世界であり、整合化され、ひとりひとり固有の記憶となると考えているからです。つまり、人間の記憶が水気を切るざるのように穴だらけであり、脳裏で変化し続けていると考えて
いることに起因します。

私は絵画の中の"時間の静止" をキャンバス上に描き出し、可視化させたいと思います。それにより、人間という一つのゆっくりと進化し成長する生命が、現代のスピードや効率を優先する社会にいる中で、知らず知らずのうちに落としてしまった時間や密度を、私は絵を通じて拾っていきたいと思うからです。
                                                                                                                                         桃田有加里

この度イムラアートギャラリーは、8年ぶりとなる平面画家・永島千裕による個展「sign」を開催 いたします。永島千裕は静岡県出身。2007年にトーキョーワンダーウォール大賞を受賞。以降海外のアー トフェアに出品し2017年には北野天満宮にて個展を開催。またスウィーツブランドのアート ディレクションも手掛けるなど国内外で精力的に活動する注目の若手作家です。アクリル絵具 を用いて綿密に描かれる永島千裕の作品は、リリカルでポップ且つファンタジックでありなが ら、抽象的な不安感や不条理とともに描かれ人知の遠く及ばない不思議世界を示唆します。本展では古代中国に由来する五行思想、中国神話、北欧神話、十二支、天文学などをソースに 生命力の円環を鮮やかに描く新作《ring》を中心にドローイングも発表いたします。言語によっては定義できない人間の感情や生命の本質に絵画から軽やかにアプローチする 永島千裕の探求を是非ご堪能くださいませ。


sign
世界のあらゆる情景や形、色、図象は文化や歴史、民族、宗教の中でそれぞれのイメージや 思想を表すものとして発展し、また変容してきた。何かを表すために作られたシンボルもあ る。それらは心の直感の琴線の近いところに根差し、他者との基本的な共通認識や共感をも たらす。
私たちは日常的なコミュニケーションに言葉を使うが、何らかの形を言語化したとき、うまく しないと零れてしまうものの中に、本質的なニュアンスを感じることがある。 そしてそれが非常に大事なものだということもよくある。 そういう時は広がるイメージを見えたそのままに描き残しておきたい。 形のままだったら実現した、そのサインが叶うように。
-
永島千裕

この度、イムラアートギャラリー京都では神谷徹 展を開催いたします。

1969年生まれ。東京芸術大学油画科大学院卒業の後、アイルランド政府奨学生としてダブリンを訪れ、その後もアーティストインレジデンスで同じくダブリンに2度滞在し展覧会をしています。またロンドン芸術大学TrAINリサーチセンターに文化庁在外研修員として英国研修し、ミュージシャンのデヴィットシルヴィアンとのコラボレーションも行いました。近年はオフィスやビル、学校、駅などへの作品設置など、パブリックアートの依頼も多く、現在は京都造形大学准教授として京都で制作を続けています。

日常風景を切り取った具象的なイメージを描いた油彩画は、現実風景の単なる再現ではなく、写実的でありながら、色彩と光と影の表現が強く意識され、奥行きと透明感が独特の世界観を醸し出します。

今回は、緑を基調とした色調の作品が多く、全画面の印象が緑という、自然さと不自然さが共存したものもあり、又、画面がブレて見える絵もあり、見る距離や角度によって不思議な感覚に陥ります。

神谷の作品からは、一見穏やかで、静寂な印象を受けますが、その制作の意図するところは、「何かを説明する様なものが描きたいのではなく、絵が描きたい。絵とは何かということが一番問題であり、イメージや意味よりも絵である事が大事」だと言います。

テーマや哲学的なコンセプト以上に大切なものを求める神谷の姿勢は、継続的に制作されて来たシリーズのグラデーション作品にも垣間見られます。自ら編み出した刷毛を繋げた器具を用い、計画性と同時にコントロールできない偶発性の間で展開される描く行為は卓越した表現技術によるところが大きく、絵としていかに成立させるか、経験を積みながらも常に探求しているようです。

京都での初めてとなる個展「A」では、神谷が今まで取り組んできた創作をご覧いただけます。是非ご高覧くださいませ。

1
NAVIGATION
  • HOME
  • EXHIBITION
  • NEWS
  • ARTISTS
  • ABOUT
  • RECRUIT
get in touch
  • ABOUT
  • CONTACT US
page top